vtuberにはまってた記録

キズナアイ→シロ→輝夜月→げんげん→にじさんじの順でハマってた(@jp_dust)

vtuberをlive配信者として考える話

現実的な話、現在のvtuberのトレンドはlive配信である。

そして活動内容は生主、つまりただの生配信者とかわらない。
キャラクター好きには嫌な話だが。


そもそもvtuberキズナアイバーチャルYouTuberと名乗ったもので
YouTuberのようにキズナアイ本人が動画を投稿しているスタイルだった。


現在は「にじさんじ」が始めたようにlive配信をメインとしたグループや
個人が精力的に活動している。

 

雑談、ゲーム実況、ASMR、作業配信、参加型ゲーム配信などが
live配信でおこなう活動である。これはYouTuber、vtuberの違いはなく

声、話がメインの雑談・実況・ASMRと映った映像がメインのゲーム・作業の
二つに分けられる。


この中で一番簡単に配信できるのが雑談配信である。しかし内容次第であるのも
雑談配信だ。

声が好きならば雑談の中身がゴミカスであろうと聞くファンは存在する。
それくらい声は重要な人気要素で、特に動きのない2Dvtuber勢は

これが生命線といっても過言ではないだろう。

この声が好きというのは綺麗であれば、「萌声」ならばよいというわけではないのが
難しいところで、逆にただの「萌声」であるならば飽きるほど存在している。

個性がなく、ただその声でASMRやささやき音声のみをウリにしている。

こういった配信者にはASMR好きの視聴者が付き、ASMRやささやき配信のときのみ
視聴しに来るようになる。実際にASMRとそれ以外(例えばゲーム実況)などの再生回数
を比べてみると、登録者数にもよるが、かなりの差がつくことが多い。
手軽にファンを増やせる反面、配信者個人にファンがつくわけではなく、与えられる
音の気持ちよさにファンがつくのである。

こういった書き方や言い方をするとASMRを嫌っているように思われるかもしれないが
私はASMRが好きで、vtuberがやっていたならばアーカイブはできるだけ聴くようにしている。
上に書いたように、ASMRだけ聴きに来る、というヤツだ。

またASMRだけ聴きにくるファンを批判しているわけではない。
なぜならば配信者のすべてを好きになれというのは正しくないと思うからだ。

配信者の活動内容が幅広く何でもありなので好みが存在するのも当然で
出来の良し悪しがあるのも当然なのだ。

いくら声がきれいでお気に入りだとしても、へたくそすぎるゲーム実況を
見るほどその配信者を好きではないし、話がつまらなければ即ブラウザバック
である。飽きたりつまらないと思ったのに、一時間も視聴してなどいられない。

逆にたとえゲームが下手でもそれを面白いゲーム実況に変えられる能力があれば
視聴できるし、声が汚くてもかまわない。

ゲームがうまくて実況も得意。かつ声がきれいで、動画編集もできる。
常に面白い雑談ができる。そんな能力があるなら最強だがそんなやつはいない。


配信者自身の推し、得意分野を決めてほしいのである。

声が良いのは推せる特徴の一つでしかなく、話のうまさ、実況のうまさとは異なる。
試しにゲーム実況をしたときに反応がいまいちだった場合、問題点があることはわかる。

それがゲームの選択か、実況がイマイチかもしくはプレイングの問題かは人による。

ゲームが悪かったならば違うゲームにする。実況がイマイチなら実況しやすいゲームを選ぶ。
プレイングがだめなら得意なゲームをやる。どれも正しい改善策だ。

ゲーム実況という範囲でさえ人気不人気の要素が様々であるのだから
vtuberとしての活動のなかに人気要素をどれだけ抱え込めるのかが重要だ。

声という人気要素以外に好きになってもらえる要素を着実に用意していく。
なんでも好きになってくれるファンを増やそうとするのではなく、活動内容の中に
ファンを作っていくようにしなければ登録者数、ファンは増えていかない。

こういった人気要素は配信者だけでなく、視聴者側からも発信していかなければ
伝わらないことが多いので是非とも視聴者側からもオススメのvtuberを宣伝する際に

どこが好きなのか、どこがうまいのかを発信してほしい。vtuberを紹介されても
一時間以上あるlive配信なんて見るわけないのだから。終