vtuberにはまった無職

キズナアイ→シロ→輝夜月→げんげん→にじさんじの順でハマったオタク

にじさんじ 箱推し勢ではない人の愚痴

バーチャルライバーにじさんじのファンには「箱推し」勢の方がいらっしゃるのですよ。ファンとしての在り方は人それぞれですけれど、その箱推しっていう言葉はアイドルに使われていた用語で、あまりバーチャルライバーには適さないのでは、と思ったのです。


「箱推し」とはアイドルグループで、メンバー誰か一人の応援よりもグループとしての活動を応援をしたい、という博愛精神に満ちた考え方。好感が持てます。

わたしはアイドルのファンだった経験はありませんがアイドルマスター2の投票では「全員で歌う」が正しいと思っていたので気持ちはわかるつもりです。


でも「にじさんじ所属ライバー」ってそんなグループ的なものだったかな、という違和感を持ちました。所属が同じだけではないか。グループ活動そんなにしていたかな?という疑問です。コラボ配信の延長で3人の「JK組」とか2期生の「トリガー」とかそんな感じのものはありますが、グループ活動していくぞ!というほどのものではないはずです。


わたしは所属ってそんな近い関係だったかなあということを言いたいのです。

HIKAKINさんとはじめしゃちょーは同じ所属事務所ですが、わたしはHIKAKINさんは好き、はじめしゃちょーさんは好きではないです。これくらいの気軽な感覚で良いのでは、と思うのです。

もちろん好きではないからといってアンチではないですよ。わざわざ見に行って低評価押すことないです。(好きでもないのに自分から見にいくのか...)


箱推しのメリットはあります。

所属ライバーの配信内で生まれたネタを取り入れて配信するのは視聴者と配信者とでネタの共有ができてとても良い。気持ちがいい。一体感がある。


でもわたしは面倒臭さを覚えました。配信を見るとして、もし知らないネタややりとりが出たときに毎回ニコニコ動画のにじさんじライバーの抜粋動画を見なければならないのか、と。他にもそのライバーの話はもう充分堪能したよ...とか。その配信者の話が聴きたくて視聴しに来たの!とか。


全員仲良くやっているよ、というのはいいですが、配信にまで反映しなくてもいいのでは。コラボ配信でお互いの新規ファンを広げるのは良いし、面白い配信になればそれは良いです。


でもコラボ配信してるわけでもないのに他のライバーのコメントを出す視聴者は少し自重してほしいし、配信者には拾わないでほしいなあ。